アパートを購入するときの流れ

アパート経営を始めようと思った時に、まず何らかの方法でアパートを取得しなければなりません。

中古を取得するというのが手っ取り早い方法の一つだと言えるでしょう。

真剣にYOMIURIのONLINE情報を厳選して紹介しています。

まず最初にするべきことが情報収集です。

どれくらいの利回りの物件がどれくらいの価格で販売されているのかを見つけて、大体の相場を把握します。

そして、その中からほしいものを見つけます。
ほしい物が見つかったのなら、ローンの相談をしに行きましょう。

その物件に対して融資が降りるかどうかを確認して内諾をもらっておくと良いです。

内諾をもらうことができれば、次は売買契約を結びます。不動産屋を通じて売買を結ぶことになるでしょうから、このあたりの手続きは不動産屋に任せることができますから、買う人は書類を揃えるなどの手続きが必要となります。

売買契約を結んだ後に、ローンに正式に申し込みを行います。
ローンに申し込みを行えば、そこから審査が始まります。

審査に通れば、期日を決めて融資が実行されます。通常はこの時にアパートの代金の決済と引き渡しが同時に行われます。

これで大家さんになることができます。



大まかに見ればこのような流れになっていますから、契約の順番を覚えておきましょう。お金を借りてから買うのではなくて、売買契約を結んでからローンに申し込むという順番になっています。


そして引き渡しと融資の実行は後日に行われることになります。順番が少しややこしいですから、全体的な流れを先に把握しておいたほうが良いです。